重冨たつやの市政クイズに挑戦していただける方はこちらへ

重冨たつやの市政クイズに挑戦していただける方はこちらへ


川崎市議会議員の月額報酬はいくらでしょう?

A、63万円
B、73万円
C、83万円
D、93万円

解答はこちらをクリック!

C、83万円

私たちは市議会の運営のために毎年約17億円を税金の中から支払っています。
もちろん議員報酬はその一部です。

税金の使い道を決めるために市民全員が集まるのは難しい。
そこで市議会というもので、私たちの声は代弁されているわけです。
そのための経費が毎年17億円です。

私たちはこの17億円を有効に使えているでしょうか。
どうせ支払うのであれば、今よりもっと有効に使う方法を考えたいですよね!!

年収500万円のご家族が1年間で支払う
住民税(市民税+県民税)はいくらでしょう?
<家族構成>
4人家族(夫婦40歳・子供17歳と11歳)妻子は所得なし
社会保険料支払い額 65万円
生命保険支払い額 20万円

A、112,200円
B、180,700円
C、268,300円
D、387,600円

解答はこちらをクリック!

B、180,700円

住民税をどれくらい支払っているのか。
住民税が引かれた後のお給料を受け取ることに慣れている方は、
あまり考えたことのないものかもしれませんね。

私たちは税金の使われ方に関心を持たなくても生活に困らなかったかもしれません。
私たちの次の世代はどうでしょうか。無駄なものに税金を使う余裕はないでしょうし、
優先順位を決めなければならないでしょう。

次の世代にツケを残さないために、今私たちができることを一緒に考えましょう!!

川崎市議会議員の一人当りの年間の報酬はいくらでしょう?

A、約400万円
B、約500万円
C、約800万円
D、約1,300万円

解答はこちらをクリック!

D、約1,300万円

指定都市の平均年間支給額 1256万円
議員の報酬はご存知でしたか?(ちなみにこれは、議長報酬などを除いた額です。)
川崎市議会議員は60人いますから、毎年約8億円が報酬として税金の中から
支払われています。

この8億円が有効に使われているかどうかに私たち市民は関心を持たなければいけません。そして、他都市との比較で報酬を決める必要があるのでしょうか。
私たちの代わりに市政を担う議会について一緒に考えていきましょう。

川崎市の一般会計(平成29年度)の予算規模は
いくらでしょう? 一般会計:一番大きなおサイフ

A、1,071億円
B、2,992億円
C、4,391億円
D、7,088億円

解答はこちらをクリック!

D、7,088億円

歳出の主な内訳は、
①保健・医療・福祉(26%)
②子育て支援(15%)
③学校教育・生涯学習(15%)
④道路整備など安全なまちづくり(13%)などです。

より詳しくお知りになりたい場合、
川崎市が発行している財政読本などを参考にして頂ければ幸いです。
この予算について議論することも議会の重要な役割です。
皆さまのご意見などお待ちしております。

前回の川崎市議・中原区の選挙で投票に行った人数は、
有権者全体の何%でしょう? 投票行った人 有権者:191,343人

A、24.22% 46,343人
B、34.22% 65,477人
C、44.22% 84,604人 
D、54.22% 103,746人

解答はこちらをクリック!

C、44.22% 84,604人

前回の市議選は、有権者の半数が棄権した選挙でした。
投票に行かなくても「困ることは少ない」ということかもしれません。
投票に行こうにも「誰が良いのかわからない」ということかもしれません。

前回選挙で当選させて頂いた私の使命は、
「こんな議員がいるなら応援したい」と思ってもらえる仕事をすることです。
是非活動レポートなどもご覧いただければ幸いです。

川崎市の市債の残高はいくらでしょう?

A、約4,047億円(市民一人あたり28万円)
B、約8,447億円(市民一人あたり58万円)
C、約1兆3,147億円(市民一人あたり90万円)
D、約1兆7,947億円(市民一人あたり123万円)

解答はこちらをクリック!

B、約8,447億円(市民一人あたり58万円)

指定都市1人あたり、、、約67万円
大阪87万円
千葉74万円
横浜63万円
さいたま34万円

国の借金についてはメディアで取り上げられることが少なくありませんが、
私たちが住む川崎の情報は意外と知られていません。
自治体の借金は、世代間の負担を公平にする役割もありますが、
どこまでも借金に頼ることはできません。
子どもたちに過度な負担を負わせないという視点も持つ必要があります。

みなさんのご意見・アイディアをお聞かせください!
Copyright(c) 2017 川崎市議会議員 地域政党あしたのかわさき 重冨たつや All Rights Reserved.